新しいMacBookのキーボードをぶっ壊して交換してもらった話

f:id:mhkohei:20151023211003j:plain

金のMacBookがきた - インターネットの人になりたい

一週間で壊した経緯

先週MacBookが届いた。で、一週間後に壊した。正確には、キーボードの「S」がたまに戻らなくなる症状が起き、ゴミが入ったんだと思って、MacBook Airのノリでキートップを外そうとしたらボキッと折れた。

すぐにAppleのサイトから問い合わせたところ、キーボードの修理に5日〜7日掛かると言われる。会社で買ってもらったのと仕事PCなので、長い時間渡すのは無理。自分で部品取り寄せて治そうと思ってちょっと調べると、俺が折った白いパコパコするパーツは、パンタグラフと呼ばれてる部分らしい。

パンタグラフAppleという単語を組み合わせて検索していくと、Apple Storeでキー単位で交換してくれることがわかった。その情報を持った上で、もういちどGenius barに問い合わせると、そのような対応はしてくれて、在庫があればその場で変えてくれるらしい。3日後の夜に予約し、当日Genius Barへ向かった。

対応

予約した10分に受付を行った。少し待たされたけど、パンタグラフを折ってしまったので交換したいという旨を伝えたら、検索して得た情報通り、交換してくれた。保証期間だから無料。10分くらい。そもそも反応がおかしかったことを伝えると、シートに問題があるかもしれないということ。今のところ問題が出ないから様子見してみることになった。まとめると対応よかった。

git stashってうつとgit stahってなったり、つらかった。交換できてよかった。